必要な物と手順 (入国前に済ませます)  

  ZOOMアプリをダウンロードしたスマホ 
 1  実習生が所持するスマホが、低性能だったり使用者本人名義でない場合などは、アプリがダウンロードできない またはZOOMミーティングに接続できないという問題が起きますから、必ず母国出発前に自身名義のスマホにZOOMアプリのダウンロードをして動作確認します。
もし問題が見つかれば、ZOOMアプリがダウンロードできるスマホに交換してダウンロードしてください。 
   
 2  スマホにZOOMアプリのダウンロードを済ませたら、そのスマホから「Gメール」で以下の内容を発信してください。必ず「Gメール」です。中国のQQは使えません。 

というメールを送って下さい。メールが届いたら、実習生のGメールアドレスを私のZOOM
連絡先に登録して、実習生を呼び出します。そして実習生がOKすれば、つながります。
 
上記1・2の作業を必ず日本入国前に行ないます。 

 3 宿泊ホテルのwifi 
 隔離施設・ホテル等に落ち着いたら、wifiの接続を確認して、私どもにお知らせ下さい。
すぐZOOMミーティングに招待しますので動作を確認してください。Wifi環境が良くない或いは、そもそもwifiが無いという場合は、「無線LANトラベルルーター」を使って下さい。
一つ3,000円ほどです。

これでオンライン授業を受けることができます。教科書は、不要です。
ノートと鉛筆だけでOK。

 


 


 授業について


時間等 

授業は、月曜日~金曜日で、8時開始、17時終了です。
7時45分から、全員に対しZOOMミーティングに招待をしますので、7時45分には待機して
いただきます。12時から13時は、昼食休憩にします。



 講習の科目と内容

 オンライン授業では、「日本語」のみ実施します。その内容には、「日本での生活一般に関する知識」や「技能等の修得に資する知識」に関するものも含みますが、科目としては「日本語」とします。
下に、その内容の一部を記しますが、これは、N5レベルにも達していない人向けの基本的なものです。
様々なレベルの人が混在する講習では、これだけをやるわけにはいきません。N4・N3レベルに達している上級者にとっては極めてつまらない授業になってしまいます。しかし上級者と言っても完全にN5の内容をしっかりと理解しているわけではありません。彼ら上級者には初心者を助けるという立場に立ちながら復習をきちんとしてもらいます。また彼らのためにN4・N3レベルの内容も潜ませて授業を進めています。ですから必ずしも下記のとおりに授業を行なうわけではありません。順序・内容は、時々の状況で変わります。




生活に関する内容の授業も行ないます。 

他にも「日本の交通規則」「ゴミの分別は簡単です」「地震・津波・水害」「現場でよく使う言葉」
「ストレス・熱中症」「会社に届けて許可を受けるべき事柄」「技能検定試験」等々を講義します。
こうした講義は、N4・N3レベルの実習生に「語彙」「文法」の解説を交えながらのものとなります。





オンライン授業に要する費用 




お引き受け可能人数

1名から何名でも お受けします。



その他のお願い






 










HOME